キャッシング利用はアルバイトの学生でも可能

キャッシング利用はアルバイトの学生でも可能

学生は借金が可能なのか?と疑問を持つ人もいると思いますが、アルバイトをしている学生ならばキャッシングは可能になります。それでもサラリーマンのような定職に就いている人に比べると、審査では不利に働く可能性が高いので厳しい審査となる事を認識しておく必要があります。

 

学生が審査に通り難い原因として考えられるのは、「収入の安定」です。安定した収入を証明する為にはある程度の継続した期間でのアルバイトが必要になります。また場合によっては収入証明書が必要になる事もあります。

 

もう1つ審査に際して重要な事があるのですが、それは「個人の信用」です。これは俗に「クレジットヒストリー」と呼ばれる個人信用情報が学生には余り無い事も要因となっているようです。今までクレジットカード等を利用して、返済をしたという信用情報がある人の方が全くカードの利用が無いという人よりも審査では有利に働く場合が多いようです。

 

20歳以上の人ならば学生でも借金は利用できる可能性はありますが、今後の為にも信用情報を築き上げて行く事も大切です。その為にはある消費者金融の審査に落ちたからと言って、次々に色々な消費者金融にキャッシングの申込みをすると、「申込みブラック」というマイナスのクレジットヒストリーが作られてしまうので要注意です。

 

 

 

【教育費捻出の方法について】

 

大学や短大、専門学校等は私立であればいずれも高額の教育費が必要となります。親は子供の教育費の捻出の為に働き貯金をしたり、学資保険を組んだりしている事と思いますが、それでも不足する場合もあるでしょう。また親の援助を必要とせずに自分で教育費を捻出うしようという人もいるでしょう。そんな時にはどのようにして教育費を捻出すれば良いのでしょうか。

 

教育費の捻出には金利の低い奨学金や教育ローンがオススメです。教育ローンに関しては国のローンと民間のローンがあります。国のローンの方が低金利となっていますが、その分審査が厳しくなっているようです。金利で言うと国のローンは2.5%以下であり、民間のローンは5.0%以下となっていて、民間の方は国の2倍という事になります。民間のローンであっても銀行や消費者金融よりも低金利で借りられる可能性が高いので、教育費としてキャッシングを考えるならば、まずその前に教育ローンを検討しましょう。

 

銀行カードローンや消費者金融ならば即日融資も可能ですが、教育ローン等の借入れは申し込みから1〜2週間掛かる事もあるので、余裕を持って申し込む事が大切です。
尚、奨学金や教育ローンで借りた借金でお金の使い道は、学費に限定されるのでそれ以外の使い道での利用はできません。生活費としても利用はできませんし、増してや遊びの費用にもできないので要注意です。

 

消費者金融 学生